電気給湯器の基礎知識

ボイラーの性能検査はなぜ必要なの?

ボイラー及び圧力容器安全規則に規定されたボイラーを使用する事業主には、構造検査後1年以内に1回、その後毎年1回/年の性能検査が義務付けられています。
ボイラー、圧力容器に関する法令としてはソフトの基準として、労働安全衛生法、労働安全衛生法施行令、労働安全衛生規則、ボイラー及び圧力容器安全規則などがあり、ハードの基準としてボイラー構造規格、圧力容器構造規格並びに小型ボイラー及び小型圧力容器構造規格などがあります。体系としては、法律として労働安全衛生法があり、政令として労働安全衛生法施行令があり、省令として、労働安全衛生規則並びにボイラー及び圧力容器安全規則があり、告示として、ボイラー構造規格、圧力容器構造規格などが位置付けられています。