保守点検サービスについて

電気温水器には保守点検が必要です

電気温水器に保守点検が必要な理由

水道水には様々なミネラルが含まれます。給湯器はお使いいただくうちにそれらミネラルがスケール(湯垢)として部品に固着したり、配管から流入するサビやゴミがタンクに溜まります。スケールやサビなどの蓄積はさまざまな不具合を引き起こす原因になり、寿命を縮めるだけでなく思わぬ事故の原因にもなりかねません。保守点検を行うことによってそれらの原因を取り除き、劣化した部品をいち早く発見して修理を行う事で、給湯器の長寿命化と安全を図りましょう。

保守点検を行う主要箇所と目的

開放式壁掛電気給器EW-N3C-BTの場合、
図のオレンジ文字の部分が主な点検箇所になります。

内筒タンク

スケールや配管のもらいサビなどが付着しやすい箇所です。電気給湯器の内筒タンクは高品質ステンレスのため、それ自体がさびることはありませんが、スケールやもらいサビが付着すると通常よりも劣化時期が早まります。それらを清掃し、除去します。

部品類

タンク内部に配置されている部品は清掃することで本来の機能の維持を図ることができます。劣化や緩みなどがなく、正しく動作することを確認します。

消耗パッキン類

消耗パッキン類は水漏れ防止、機能維持のため、保守点検時に交換します。

保守点検を行うメリット

1機能維持・リスク回避・延命

● 定期的な清掃・消耗部品交換※で長寿命化が図れます。
● 各部品の的確な交換時期についてアドバイスすることで事故を防止。

※部品代は別料金です。

2衛生面

定期的な清掃で、衛生的に安心してお使いいただけます。

レジオネラ症発生防止に必要な措置に関する技術上の指針である厚生労働省告示第264号では、給湯器内部の温度を60 ℃以上を保ち、1年に1回以上の給湯器内部清掃実施を奨励しています。

長期間無清掃だった湯沸器内部

3省エネ効果

定期的な清掃を行うことによって機器本来の効率性を保つことができるため、省エネにつながります。

ヒーター清掃前の取り外し作業

清掃後のヒーター
ヒーターのスケールを除去します。
熱効率が良くなり、省エネにつながります。

保守点検契約のメリットスポット発注とのちがい

修理対応時の技術料・工賃が無料になります。
また、対象機器が弊社システムに登録され、不具合発生時に迅速な対応が可能となります。

※別途出張費用が必要になる場合があります。

保守点検契約すると、スポット発注と比較して作業費用が不要になります!

点検・作業内容のご紹介

点検・作業内容の一例

密閉式床置電気給湯器ES-DW3Bの場合
※機種によっては行わない点検もございます。

1. 湯槽内部清掃

清掃前(配管からのもらいサビ)
清掃後

スケールやサビが溜まると缶体を腐食させます。これらの除去を目的としてタンク・湯桶とヒーターやセンサーなどを清掃します。給湯器を衛生的に使えるのはもちろん、機器を長持ちさせることにつながります。

2. 消耗パッキン類交換

パッキン類の劣化は水漏れの原因にもなります。定期的な交換が必要です。

3. 電装部点検

電流・電圧・絶縁を測定。ヒーターの1本1本まで確認を行い、給湯器が安全に、正しく動作するかを確認します。

4. 部品作動点検

各部品の劣化、ゆるみなどがなく、正しく作動することを確認します。

5. 水漏点検

接合部の水漏れの有無を確認し、必要に応じて増し締めなどを行います。

6. 弁類点検

開閉後の止水確認、適正水圧の維持などを確認します。

7. ヒーター清掃

ヒーターにスケールが付着すると、熱効率が悪くなります。定期的な清掃は本来の能力を維持し、結果として省エネになります。

保守点検を行うまでの流れ

お客様のご依頼から実際の点検、作業報告まで下記のような流れで進みます。

ご依頼→打ち合わせ→お見積もり→ご契約→保守点検→作業報告

保守点検作業報告書もご提出いたします

保守点検終了後に、点検の際の確認内容、作業内容、交換品目などについて、後日お客様に報告書を提出させていただきます。ご確認いただくとともに大切に保管をお願い致します。

作業内容報告

どういう内容・種類の整備を行ったかを記載し、報告します。

現状報告

現在のお客様の給湯器の状況について報告します。

チェックリスト

不具合個所などについて報告します。

注意事項

点検を行った機種、部品などのリストを作成します。

交換部品の報告

交換部品があった場合、どういう部品を交換したか、機種名および交換部品名を詳細に報告いたします。

対策

今後給湯器をご使用いただく際に注意していただく必要のある事項や、アドバイスを記載いたします。

よくあるご質問

定期点検・作業の回数はどのくらいですか?

通常の水道水の水質であれば1年に1回です。(回数に応じて料金は都度発生します。

保守契約の予算を毎年は取れないのですが…

契約を結ばないスポット点検ももちろん可能です。スポット点検は作業費が必要になりますが、ご予算や現場状況に応じて適宜ご利用いただくことができます。

壊れてないけど保守は必要なんですか?

はい、必要です。機能維持・未然の事故防止は勿論、定期的な点検作業で給湯器の寿命をより延ばすこともできます。

業務やテナント様の都合で、土日祝日や夜しか作業できないけど、対応できますか?

可能です。但し、夜間は時間外料金を申し受けます。詳細はご相談ください。

作業中にお湯や水は使えますか?

作業中は給湯器へ接続されている給水管の元栓を閉める必要があるため、湯水は使えません。

作業の時期はいつになりますか?

12ヶ月のうちお客様の都合に合わせた月を作業月とさせていただきます。(時期によっては割引対象となる場合もあります。)

契約に関する注意事項はありますか?

保守契約期間中であっても下記の場合は有償となりますのでご注意ください。
1) ご契約後、不適切な工事・使用・修理加工を行った場合。
2) ご契約の設置場所からお客様側で移設したために生じた破損・故障。
3) 火災・水害・地震等の天災、盗難および水源や熱源の不適切供給使用、もしくは使用者による重大な過失に起因する故障や事故。
4) 故障の原因が本製品以外にあった場合。

保守点検参考価格当

当社製の主な給湯器の年間保守点検の基本料金を掲載しました。実際の価格は台数・点検の内容などによって異なります。

機器のタイプ 製品例 基本料金
開放式電気湯沸器 ETC、EWS、 EWR 18,000円 〜
密閉式小型電気給湯器 ES-N3、ESN 12,000円 〜
密閉式小型電気給湯器(飲用可能タイプ) ESD、ES-DWUB 22,000円 〜
電気瞬間湯沸器 DE-10/15N1、EIC-05A0 12,000円 〜
電気瞬間湯沸器 EI-N5 15,000円 〜
深夜電力契約専用型電気温水器 ES-RM、ES-CM 55,000円 〜
深夜電力契約専用型電気温水器 ES-F、ESP、ESPK 70,000円 〜

御見積のご依頼や保守点検のご相談

株式会社日本イトミック リニューアル部

営業時間 土日祝日を除く平日8:45〜17:45

03-3621-2163

フォームからのお問い合わせ

下記の情報にご記入の上、「送信する」ボタンをクリックしてください。

※半角カナは使用しないで下さい。
※【必須】は入力必須項目です。

法人名
部署名
お名前必須
ご住所
電話番号必須
メールアドレス必須
FAX番号
型式
製造番号必須
お問合せ内容

株式会社日本イトミック個人情報保護方針

株式会社日本イトミック(以下、弊社といいます)は、業務を円滑に行うため、お客様の氏名、住所、電話番号等の情報を取得・利用させていただくことがあります。弊社はこれらのお客様の個人情報(以下、「個人情報」といいます)の保護が、経営上重大な課題であると同時に、弊社が担う社会的責任のひとつであることを認識しております。そのため、弊社の業務に携わる全ての者が、個人情報の保護に努め、個人の権利・利益が侵害されることのないよう、次の方針のもとで個人情報を取り扱います。

1.個人情報の利用目的

弊社は、以下に定める利用目的の範囲内で、その業務を円滑に行うため個人情報を利用します。

  • 販売先における工事・修理業務
  • 販売先の機器管理業務
  • 前各号に付随する業務
  • 製品の改善・開発に関わる業務

2.個人情報の収集

弊社は、個人情報の収集を以下に定める方法で、適法かつ公正な方法で行います。

3.個人情報の提供

弊社は、お客様の同意をいただいた場合または法令に基づく場合を除き、個人情報を第三者に開示、提供致しません。

4.個人情報の預託

弊社は、上記の利用目的を達成するために、個人情報を弊社の委託先に預託する場合があります。弊社は、個人情報を弊社の委託先に預託する場合には、適切な委託先を選定するとともに、委託先の義務と責任を明確にする等、委託先において個人情報が安全に管理されるよう適切に監督致します。

5.個人情報の適切な管理

弊社は、個人情報への不正アクセス、個人情報の漏洩、紛失、破壊及び改ざん等を防止するため、適切な安全管理措置を講じます。

6.個人情報の開示、訂正及び削除

弊社は、お客様から自己の個人情報の開示の請求・訂正の申し出があった場合は、別に定める方法によりお客様本人を確認したうえ、該当する個人情報を開示、訂正もしくは削除します。

7.個人情報の削除

弊社は、前述に関わらず、個人情報の利用目的を達成した場合、特別な場合を除き、遅滞なく当該個人情報を削除します。

8.法令等の遵守

弊社は、個人情報の保護に関する法律、その他の関連法令を遵守するとともに、個人情報保護に関する社内規定を定め、社内に周知徹底します。

9.保護体制の維持向上

弊社は、信頼していただける企業であるよう、法令の改正、社会情勢及び環境の変化等を考慮し、個人情報保護体制の水準向上に努めます。

株式会社日本イトミック
代表取締役 伊藤 浩貴

個人情報の開示、訂正の方法

1. 個人情報に関するご相談窓口

〒131-0045
東京都墨田区押上一丁目1番2号 東京スカイツリーイーストタワー24 階
株式会社日本イトミック 個人情報保護事務局

2. 手続方法

(1) 個人情報の開示、訂正、削除等をご希望の場合は、郵送にて以下をお知らせください。

a. はがき、封書への記載事項

  • 「開示等請求依頼書」の送付先の住所並びに氏名
  • 「開示等請求依頼書」の送付を希望する旨を簡単にご記入ください。

b. はがき、封書の送付先

  • 上記の弊社相談窓口宛、郵送願います。

※「開示等請求依頼書」の送付を正しく行うため、はがき、封書でのご連絡をお願いしております。ご了承ください。

(2) 上記のご連絡に基づいて、当社より「開示等請求依頼書」と「説明書」を送付致します。

(3) お客様は受け取った「開示等請求依頼書」に必要事項を誤記入の上、「説明書」に基づき「ご本人確認のための書類」を同封いただき、当社ご相談窓口までご郵送ください。

(4) 請求内容を確認の上で、郵送にて回答致します。

  • 開示等にあたり、その内容によっては手数料を請求する場合があります。
  • 代理人による開示等請求の場合は、「説明書」に基づき、ご本人より委任状を取り付けて同封願います。

以上