お知らせ

2021/04/09最新情報

「日本気候リーダーズ・パートナーシップ(JCLP)」の賛助会員に加盟

株式会社日本イトミック(本社:東京都墨田区、代表取締役 社長:守屋浩文)は、2021年4月9日、全世界において2050年までに温室効果ガス排出量ゼロとする目標を支持し、持続可能な脱炭素社会の実現を目指す企業グループである 「日本気候リーダーズ・パートナーシップ(JCLP)」に加盟しました。

 

JCLP加盟について

世界的な課題としてCO2排出量の削減や脱化石燃料が進められ、次世代技術とイノベーションが求められ続けている中、弊社はミッションとして 「“クリーン&グリーン電気給湯”で地球温暖化防止」 を掲げております。日本国内では、とくに産業分野や民生分野における燃焼系の機器の転換、高効率化技術の進展が期待され、電気エネルギーの導入が広がっています。これまで創業来、一貫して電気給湯にこだわり、安心と安全を基盤とした製品とサービスを提供し、独自技術の開発、製品性能の向上に励んでいた当社は給湯の電化を通じて地球温暖化防止を食い止める一端を担っていると考えております。

電気給湯は、「安全・安心で地球に優しい」未来に資する給湯です。電気給湯を日本で初めて手がけたパイオニアだからこそ、地球規模の課題に貢献できることがあると考え、またそれをより一層後押しするであろうといった想いから、持続可能な脱炭素社会の実現を目指す企業グループである「日本気候リーダーズ・パートナーシップ(JCLP)」への加盟に至りました。

 

JCLPへの加盟を通じて、安全でクリーンな電気給湯器と、空気熱のグリーン・エネルギーを活用し、温暖化ガスを使用せず自然冷媒を用いて再生可能エネルギーを活用する製品提供の取り組みにより、今後より一層、温室効果ガスの削減に寄与していく所存です。また、持続可能な社会に向けた共感を広げ、脱炭素社会の実現に貢献していくとともに、事業に伴う様々なCO₂排出量の削減に努め、プロダクトライフサイクル全体の排出量抑制にも積極的に働きかけ、持続可能な経済発展に寄与してまいります。

 

地球温暖化防止の一役を担い、持続可能な社会づくりを推進していく。そのために国内唯一の電気給湯専業メーカーとして社会貢献と地球保全の担い手である自負を堅持していきます。

日本イトミックのミッション https://www.itomic.co.jp/mission/

 


日本気候リーダーズ・パートナーシップ(JCLP)とは

脱炭素社会の実現には産業界が健全な危機感を持ち、積極的な行動を開始すべきであるという認識の下、2009年に日本独自の企業グループとして175社が加盟(2021年4月現在)。加盟企業の売上合計は約138兆円、総電力消費量は約57.2Twh(海外を含む参考値・概算値)。

脱炭素社会の実現に向け、横浜市との包括連携協定の締結や、国際非営利組織 The Climate Group のローカルパートナーとして RE100、EV100、EP100 の普及窓口を務めるなど、自治体や海外機関との連携も進める。

URL:http//www.japan-clp.jp/

 

 


本件に関するお問い合わせ

株式会社日本イトミック 管理部 電話:03-3621-2156