電気給湯器の基礎知識

先止め式、元止め式とは何ですか?

先止式とは、電気温水器の出湯側(二次側)の栓を操作することによって給湯する方式で、一般的な給湯配管の方式です。
給水圧力を減圧弁で減圧し、加熱による膨張水を逃し弁から排出する必要がありますが、水栓の選択が自由で、複数箇所への給湯が可能です。

元止式とは、電気温水器の流入側(一次側)にある栓を操作することによって給湯する方式で、専用水栓が必要になります。
タンクに給水が入る手前(一次側)で給水を止めているため、タンクに圧力が掛からず減圧弁は不要です。加熱による膨張水の処理に逃し弁を使用しないため、膨張水は蛇口の先などからポタ落ちします。専用水栓への1カ所給湯となり、複数箇所への給湯はできません。