給湯器選定時のポイント

機種を選ぶ時のポイントは?(機種と能力の選定)

  • 用途
  • 設置場所
  • ご使用人数や使用量
  • 電源仕様

まずは上記をポイントに選定を行います。

用途のうち「飲用」と「それ以外の用途(洗い物/洗面所/シャワー等)」では沸かし上げ温度が異なるため、選ぶ製品が変わってきます。

これらの条件をお伝えいただければ弊社の専門スタッフがお客様に最適な機種選定をお手伝いいたします。

このページのトップへ

飲用と洗面・手洗い・シャワー用などの違いは?

飲用/飲用・洗い物両用 洗面・手洗い・洗い物用

最高沸上温度が90℃以上の機種。お茶やコーヒーなど熱い飲み物をいれるのに適しています。

飲用・洗い物両用の機種は、沸上温度が高いので、洗い物用としても多くのお湯を利用することができます。
洗面・手洗用の電気温水器よりも構造が複雑で堅牢・高性能のため、価格はやや高価です。

ラインナップは小型電気温水器に5シリーズで、ESDシリーズ・ES-DWUBシリーズ・EWS/ESRシリーズ・ETC/ETRシリーズ・ワクワクになります。

最高沸上温度が90℃未満の機種で、洗面・手洗い・洗い物・シャワーなど、多くの用途があります。

小型電気温水器から電気瞬間湯沸器・大型電気温水器まで、多くの機種が対応しています。
機種ごとの用途も多岐にわたり、手洗い専用モデルやシャワー・バスに適したモデルまでラインナップも多彩です。
沸上温度は機種によって様々です。

 

90℃以上の沸かし上げ温度設定が可能な機種を飲用向け、90℃未満の機種を洗面や手洗い・洗い物・シャワー向けなどとしています。

※電気温水器の沸かし上げ温度の違いで用途を分けることに法的な決まりはありません。

※実際に飲用としてお使いになるには、沸上温度90℃以上かつ貯湯温度80℃以上の設定にしてください。

このページのトップへ

流し台の下に置きたい。どの製品が最適?

台下設置流し台の下に置く場合、手洗い・洗い物用であればESNシリーズや、飲用・洗い物用としてESDシリーズが適しています。

これらの製品は東京消防庁の組込形登録品としての認定を受けており、流し台キャビネットに組み込む場合の安全性が認められています。

※メンテナンスができる程度のスペースを必ず確保して設置を行ってください。

このページのトップへ

流し台給湯ユニットってどんな製品?

給湯ユニットは台所のないテナントビルや給湯室のリニューアル向けに開発したミニキッチンです。流し台・電気給湯器・吊り戸棚・照明・混合水栓をオールインワンにしており、当社が施工するため、資材調達の手間や手配・修理依頼時の面倒などがありません。

ラインナップ・オプションも充実しておりますので、用途や設置場所に合わせてお選びいただけます。

このページのトップへ

深夜電力はお得って本当?イトミックでの対応製品はある?

はい、本当です。

深夜電力は夜11時から朝7時までの電気を利用します。「深夜電力契約」は通常とは別途に電力会社と契約し、使用料が安いPM11:00〜AM7:00までの深夜の電力を電気温水器に利用します。
ES-RM/RMKシリーズ、ES-CMシリーズなどが対応製品です。リモコンの仕様や使用方法などを深夜電力契約に最適に合わせた製品となっており、ランニングコストを下げることが可能です。

電力契約についての詳細は最寄りの電力会社もしくは弊社担当営業までご相談ください.。

問い合わせ先一覧>>

このページのトップへ

設置するにはどの位の場所が必要ですか?

基本的に「本体スペース+メンテナンススペース」が必要になります。製品や設置場所、設置方法により必要なスペースは変わりますので、詳しくは弊社までお気軽にご相談ください。

問い合わせ先一覧>>

このページのトップへ

電気瞬間湯沸器の購入を考えているが、注意すべき事は?

電気瞬間湯沸器は瞬間的に水をお湯にするため、貯湯式の温水器よりも大きな電気容量が必要になります。

電気瞬間湯沸器をご検討の際には、必要な電源を確保できるかをご確認ください。 EI-N5>> DEシリーズ・EIC-05A0>>

このページのトップへ