電気給湯器の基礎知識編

業務用と家庭用の違いは?

業務用の電気温水器は、使用頻度や一度に使われる給湯量、給湯温度など多くの点で家庭用とは異なり、耐久性が求められます。イトミックの電気温水器は、業務用に求められる厳しい使用条件下でも充分にお使いいただけるように、強固な外装や耐久性の高い部品などを使用し、業務用に特化した製品開発を行っています。
また、様々な現場に合わせて電源などの各種仕様を変更可能で、製品によってはご希望に合わせて貯湯量20トン以上の大型製品も製作可能です。

このページのトップへ

ガス湯沸器との違いとメリットは?

電気温水器はガス湯沸器や灯油ボイラーのように燃焼系の機構を持たないため、クリーンで環境に優しく安全です。

このページのトップへ

電気給湯器はどんな用途で使われているの?

最も多いのは洗い物や手洗いバスやシャワーでの利用です。90℃以上の熱湯が出る機種は飲用として利用できます。

また、精密部品の洗浄用や食品の解凍用、温水を利用した暖房用などさまざまな用途に利用されています。

このページのトップへ

基本的な構造を教えてください。

貯湯式小型電気温水器の例でご説明します。

電気温水器の基本的な構造

このページのトップへ

基本構造は給水口と排水口、給湯口を備えたステンレス製のタンク(内筒)の周りに保温材のグラスウールを巻いたもので、タンク内部には発熱体となる電気ヒーターが取り付けられています。

そして沸し上げ温度制御するためのコントローラーや安全装置が装備されています。

水の中にヒーターを入れているのに漏電しないの?

給湯器のヒーターは、本体であるニクロム線の周囲を絶縁体である酸化マグネシウムの粉末がしっかり覆い、それらを金属パイプでカバーしていますので、基本的に漏電の心配はありません。

万が一漏電が起きても漏電遮断機が作動して漏電事故を防止します。

このページのトップへ

電気給湯器の安全性

電気給湯器はガスや灯油などの燃焼系給湯器と違って、燃焼部分を持たない構造のため、一酸化炭素中毒などの危険がありません。

また、電気用品安全法という電気製品を安全に使うための法律で規制管理されているため、安全装置として過昇温防止装置、空焚防止装置、逃し弁、安全弁、減圧弁などを装備。取り付けの際には、漏電ブレーカーの設置を必須とさせていただいております。

このように厳重な安全対策で安心してお湯をお使いいただけるのが、電気給湯器です。

このページのトップへ

途中でお湯がぬるくなることはないの?

お湯と水は簡単には混ざらないため、すぐにぬるくなりません。混合層の説明図

湯水の温度差が20℃以上になると「混合層」というお湯と水の中間温度の層ができます。

混合層は湯水の間仕切りといえるもので、混合層がつくられると湯水の対流はほとんど起きません。

混合層の中ではゆっくりと湯水が混ざっていきますが、混合層より上ではお湯、下では水のままなので、貯湯タンク内で湯水が混ざらないのです。

電気給湯器の給湯口は上部にあるため、出湯操作をすると「混合層から上の熱いお湯」が出ます。混合層から下の「水の部分」は、混合層があることによってすぐには出てこないので、電気給湯器は安定した湯温を保ちます。

さらに密閉式の電気温水器では給水口の上部にバッファープレートという機構を設け、給水時の水の勢いを緩衝させることで対流を抑え、かくはんされてお湯がぬるくなることを防ぎます。

※密閉式電気温水器よりもかくはんが起こりやすい開放式電気温水器の一部機種では、定流量弁を用いることで給水時の水の勢いを抑えます。

通常のご使用ではこのようにお湯がすぐにぬるくなることはありませんが、お湯を一度に多く使ってしまった場合などは、混合層より上部のお湯を大量に使用することで給水によって下部の水が増え、その水に押し上げられるかたちで混合層以下のぬるい湯水が給湯管から出てしまいますので注意が必要です。

電気給湯器は使用する用途や頻度を考慮してお選びください。

このページのトップへ

うるさくないのですか?

電気でお湯を温める電気給湯器は、熱源を燃焼させたりする他の機器と比べて着火・燃焼の騒音がないので非常に静かです。近隣と密接した屋外や静かさを求められる環境に最適です。

このページのトップへ

設置場所は?

小型電気給湯器であれば、床に置くタイプ・壁に掛けるタイプ・調理台などの上に置くタイプ、大型電気給湯器は屋内に設置するタイプと屋外に設置するタイプなどがあり、設置場所や用途に合わせた製品をご用意しています。

このページのトップへ

換気扇は必要ですか?

必要ありません。 電気給湯器はガスや石油などと違って燃料を燃焼させる必要がありませんので、換気が必要なCO/CO2は発生しません。

よって電気給湯器のための換気扇は必要ありません。

このページのトップへ

電気給湯器の寿命は?

耐久性に優れていますので正しいメンテナンスを行い運用した場合、10〜12年程度を目安にお考えください。

電気給湯器はガスや石油を使用する機器と違い、燃焼部分がありません。よって電気給湯器の場合、本体の材質劣化や破損が生じない限りは部品交換での長期使用が可能な構造となっています。

※ご利用地域の水質やご利用方法によって数年で寿命が来てしまう場合があります。詳しくはお問い合わせください。

このページのトップへ

型番の付け方に意味はあるの?

イトミックでは製品にわかり易い名前をつけるように心がけています。大きく分けて構造や用途などから付けられたもの、製品の愛称などから付けられたものがあります。

構造の特徴からつけられたもの

用途からつけられたもの

愛称からつけられたもの

 

このページのトップへ